ビニール肌の危険!洗顔のし過ぎに注意

洗顔のし過ぎに注意

ビニール肌

洗顔のしすぎは肌の体力を損ねます。
しっかりと洗顔するのが美肌の基本と信じ込んで、汚れや皮脂を徹底的に落とそうとしているいる。
あなたは そんな洗顔の鬼になったりしていませんか?

 

洗顔をきちんとやって毛穴の奥から皮脂や汚れを徹底的に洗い落としてしまえば、透明感がある美肌に生まれかわると勘違いしている人がかなりいるみたいですね。
でも実際は、そんなに単純な考え方をしてはいけません。

 

現実世界では、洗顔をし過ぎた為に敏感肌や乾燥肌、吹き出物が出現し、かなりの数の皮膚のトラブルを抱えている人がいるのです。

 

顔を覆っている皮脂の量は女性でしたら、10代でピークに達します。
ですが、その後は年齢とともに徐々に減少していきます。

 

これが正常なパターンなのですがですが、あまりにも皮脂を取り除かなければいけないと思い込んでいる場合があって、皮脂の落としすぎに全く気がついていない人がいて、20代以降も毎日何度も何度も、しっかり洗顔をやらなければ気が済まない人がとても多くなっています。

 

そして洗顔をするときに、洗顔料使ってゴシゴシこするように洗ってしまうと、洗顔料の力で皮脂が根こそぎ落とされてしまって、さらにこすってしまうことでまだ取れてはいけない角質層まで取り去ってしまうことにもなっています。
この場合洗顔できちんと理解しておかねばならないことは、皮脂を完全に落とし切ってはいけないこと、必要とされる角質層きちんと残しておかねばならないのです。
この理由は、皮脂や角質層をむりやり取り除かれてしまった肌は、大切なバリア機能まで破壊されてしまうからです。
外界と直接接触する角質層は皮脂と一緒に働くことで、強力なバリア機能を発揮し保湿力を保ってくれるのです。

 

こんな大切な機能が、行き過ぎた洗顔で破壊されると、肌のバリア機能を失い保湿力が極端に低下してしまうのです。
角質層と皮脂がなくなった肌というのは、まさに荒れた野原、太陽の紫外線や風邪などを直接受けることで、あっという間にひび割れてしまいます。
そんな恐ろしい結果が待っているのです。



ビニール肌になる原因 ビニール肌の特徴 角質培養とは