インナースキンケアを実践する

インナースキンケアを実践する

ビニール肌

インナースキンケアを実践しましょう。
体全体の水分が不足した状態になると、当然皮膚に届けられることになる水も不足してしまいます。

 

このため汗が出なくなって、肌がカサカサしてきます。
そして皮膚をつまみ上げてみると、シワがもとに戻るのが正常な時よりも遅くなってしまう現象が現れるようになります。
これは脱水症状を確認する時の簡単な方法で、皮膚をつまみ上げるということをして皮膚の張りが不足していること、つまり水分量が不足していることを調べるというやり方なのです。

 

このチェック法で脱水症状が認められて軽ければ、スポーツドリンクなどの市販の電解液を飲めば、すぐさま吸収されて全身に行き渡ります。
もちろん体に水をかけたり風呂に入ったとしても、皮膚からは水分は吸収されませんから、そのことで脱水症状が回復するようなことはありません。
当然口から水分を補給するのが最も適した方法となります。

 

この事実はスキンケアにおいても当てはまり、外から与えるだけでなく内側からも満たすという方法が最も優れた方法になるのです。

 

この考え方を基本にして自分でスキンケアをしようと思った場合は、バランスの良い食事をとることを基本にして皮膚にとって大切な栄養を心がけて取り入れるという、いわゆる内側からのインナースキンケアこれを実践することこそが究極のスキンケアとなるのです。



ビニール肌になる原因 ビニール肌の特徴 角質培養とは